日本学術会議日本学術協力研究団体指定学会 コ・メディカル形態機能学会

会則

コ・メディカル形態機能学会会則

第 1 章 総則

第1条本学会はコ・メディカル形態機能学会と称し、事務局を会長の所属教室に置く。

第 2 章 目的と事業

第2条本学会はコ・メディカル領域における形態機能学の重要性を理解し、その研究と教育を一層発展させようとする会員の集まりであり、会員相互の学術交流と親睦を図ることを目的とする。
第3条本学会は前条の目的を達成するために以下の事業を行う。
1)学術集会および総会の開催
2)学術雑誌の刊行
3)周辺領域の諸学会との交流
4)その他本学会の目的達成に必要な事業

第 3 章 会員

第4条本学会の会員は次の2 種とする。
1)正会員 本学会の目的に賛同し、会費年額を納入したもの。
2)特別会員 長年にわたり本学会の活動に貢献し、退職後10年間分の年会費を納入したもの。
3)賛助会員 本学会の目的に賛同し、賛助会費年額を納入または寄付した個人および団体
第5条入会を希望するものは年会費を添えて本学会事務局に申し込む。
第6条本学会の名誉を著しく傷つける行為のあった会員に対し、会長は役員会および総会の議を経て除名を行うことが出来る。
第7条会員は次のいずれかの場合にその資格を失う。
1)退会を表明したとき。
2)会費を 3 年以上滞納したとき。
3)除名の決定をされたとき。
第8条会員は定期的に学術雑誌の配布を受ける。
第9条正会員は本学会の運営に参加し、事業達成に協力する。

第 4 章 役職者および選挙

第10条本学会に次の役職者を置く。
1)役員 8 名(うち会長1 名、副会長3 名、会計担当1 名、編集担当3 名)で役員会を構成する。
2)学術委員10 名程度(主として1.編集業務、2.専門領域の活性化、3.地域活動の把握と活性化、に努める)
3)監事 2 名
4)顧問 若干名をおくことができる。
第11条 役員は正会員の選挙により選出し総会の承認を得る。会長および副会長は役員の互選とする。学術委員、監事および顧問は役員会の議を経て会長が委嘱する。
第12条 役員の任期は3 年とし、再任は妨げない。但し会長の任期は2 期までとする。
第13条 被選挙権は2 年以上在籍の正会員に与えられる。

第 5 章 会議

第14条総会を年1 回学術集会のときに行う。
第15条 総会は正会員の半数以上の出席(委任状を含む)をもって成立する。
第16条 総会の議決は出席者の1/3をもって行う。
第17条 役員会は年1 回以上開催し、16 条の規定を準用する。

第 6 章 学術集会

第18条本集会は年1 回以上開催する。
第19条 開催地および集会長は役員会で決定し、内容は両者で企画し実施する。

第 7 章 学術雑誌

第20条学術雑誌「形態・機能」(Structure and Function)を年2 回以上発行する。
第21条 1)学術雑誌発行は副会長(編集委員長)と3 名の編集担当役員および学術委員10 名を加えた編集委員会で行う。
2)雑誌の内容については発行前に役員会に報告する。雑誌の投稿規程は別に定める。

第 8 章 会計

第22条本学会の経費は、会費、事業収入、寄付金、その他を持って充てる。
第23条 会計年度は4 月1 日に始まり、次年の3 月31 日に終わる。
第24条 本会の会費は正会員3,000 円、賛助会費は一口10,000 円とする。
第25条 役員会は前年度の事業報告および会計報告、並びに当該年度の事業計画および予算計画を総会に提出し、承認を得なければならない。
第26条 監事は前年度会計監査を行い、総会で報告しなければならない。また、収支決算書は総会で承認を得なければならない。

第 9 章 雑則

第27条本学会施行に必要な細則は役員会が立案し、総会の承認を得る。
第28条 本会則の改訂は役員会の議決と総会出席者の2/3 以上の賛成により実施する。総会の議決は全て会員に報告する。

付則

本会側は平成 18 年4 月1日から施行する。

平成21年9月12日改訂

平成23年9月17日改訂

選挙管理委員会規約

1) 選挙管理委員会は役員会が委嘱する 2 名の選挙管理委員会で構成され、互選により委員長を選出する。

2) 選挙管理委員会は選挙結果を総会で報告する。

3) 選挙管理委員の任期は 3年とし、再任を妨げない。

PAGE TOP